<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Nice boat. と THE EYE OF JUDGMENT
「School Days」の最終回が流れたというか、
もう放送しないのか的な感じでがっかりのTakuです。こんばんわ。

*とりあえず「Nice boat.」が判らない人は、このサイトを見て下さい。



さて、せっかくゲームショウ2007に行って来たので、
PLAYSTATION(R)3専用ソフトwithトレーディングカードゲーム『THE EYE OF JUDGMENT™ BIOLITH REBELLION ~機神の叛乱~』について話そうと思ったのだが、どうも時間が無いのでまた今度。

なんとMTGのウィザーズ・オブ・ザ・コーストとPS3のSony Computer Entertainmentが手を組むとか壮大な話になっている作品。


とりあえず下記に関連サイトへのリンクを張っておきますので、興味のある方は見るといいと思います。


・公式サイト

・mixiコミュニティー

・『THE EYE OF JUDGMENT(アイ・オブ・ジャッジメント)』について、より詳しく語ってもらった!!

・TGS 07: 大迫力のカードバトル『アイ・オブ・ジャッジメント』体験インプレッション


また後日記事を書く事になると思うけど、今日はこんな感じで。
[PR]
by okoyashiki | 2007-09-25 01:47 | 日記
サンライズ クルセイド に関して。

キャラホビ2007の時点で、サンライズクルセイドの情報は手にはいっていたのですが、なんとなく書くタイミングを逃がしてしまいました。

これ以上忘れないうちに少し書き出しておきます。


感想としては、『ついに大手も≪互換性≫という領域まで手を伸ばしてきたな』と思う所があります。


≪互換性≫という要素に関しては、アシュラシステムが先駆けなんですけどね。

ただアシュラシステムに関しては、発想が時代を先取りし過ぎていたのと、企画を維持するだけの力が足りなかったと思われます。
(ピンポイントに言えば、営業力・広報力が致命的に足りなかったと推測出来る。
当時のアシュラ運営側の動きを振り返っての話なので、あくまで推測。
間違っていたら申し訳ない>関係者各位)


ただ、サンライズクルセイドにおける、GWとの互換性は おまけ みたいなものとしての扱いである可能性も否定出来ません。

どこまで互換性を売りに出していくのか、注目したい所です。


噛み砕いて言うとすれば、〔スクランブルギャザー×互換性=サンライズクルセイド〕な訳だからね。
互換性が無くなれば、第二期スクランブルギャザーなのであって、この御時勢でメガヒットになるとは思えない。
逆に互換性を上手く歌えれば、今の時代でもメガヒットとなるカードゲームに出来るかもしれない。

この互換性(というよりも、互換性からくる存続性)という要素をいかにアピール出来るかという所に成功の鍵があるのではないかと、私は思っています。




てか、ゲームのACEに登場する機体を全て出すとか、膨大な計画を練っているとするならば、めっさ面白い。

さて、中の人はどう動いているのか・・・大変楽しみなところです。





というか蒼き流星レイズナーが入っている時点で、この商品は買い物リストに入ってしまう('A`)大会に出てる時間が無いのが残念で仕方ない。。。
[PR]
by okoyashiki | 2007-09-18 03:18 | 日記
株式会社 ブシロード 他、リトバストレカに関して 。
という訳で、リトバストレカのニュースを見たので、一言。
ちょっと興味深い現象が起こっている。


≪リトルバスターズ! トレーディングカード≫
【発売日】

ブシロード:9月下旬
ブロッコリー:11月下旬



これだけ見ると、ブロッコリー側が後出しじゃんけんで喧嘩をふっかけている様に見える。

私個人的には、ブシロード自体はブロッコリーと協調路線取って行くものと思っていた。
しかし、〝リトルバスターズ!〟のトレカ戦線で、いきなり商品が被ったという状態が発生している。これはどういう事か。

結論から言うと、真相は闇の中で私には判らない。
ただ、この目立たない事件が、今後の国産TCG業界においてのターニングポイントである雰囲気がする為、少し推測してみる事にした。


***


私から見ると、現ブシロード社長(旧ブロッコリー社長)の木谷高明氏は、半分ブロッコリーという〝会社〟から経営責任を押し付けられる形で追い出された様に見える。

特に株主に対しての人柱として、生贄に捧げられた感が非常に高い。

だが一方で、過去の彼と彼の周囲の発言から考えると、実はブロッコリーのトレーディングカード事業を回していたのは根本的に彼が中心だったという事が垣間見れる所が多々ある。

という事は、ブロッコリーはカードゲーム事業の中核(エンジン/起爆剤とも言える)となる人物を失った事となる。

考えられる事として、代わりにブシロードがその中核を担う可能性がある(=『業務委託でもするのかな?』) と思っていたところがあった。

だから前に「協調路線取るのでは~」という話をしたのだ。



だが、この様子を見るとそうでない可能性も出て来た。
先に協調路線が確約していたならば、同じような商品を二社が出す事は無いだろう。

後、ブシロードがTCに参入したならば、TCGにも参入してくれる可能性も高いかもしれない。
既にTC(トレーディングカード)は参入した訳だし、全面的に他社とぶつかっても気にしない可能性は否めない。
(TCに関しては、上記の発売日を見る限り、ブロッコリー側から〝ぶつけられた〟可能性が高い訳だが; でもやっぱり真相は闇の中; 知るわけないがな。)


個人的には、≪カードゲームが本当に好きな社長≫というのがTCG業界にいてくれるのは非常に良い事だと思っているのだが、市場の反応はどうなのだろう?
ディメンションゼロで全国を回った時の、本気でゲームを楽しんでいた彼を私は忘れない。


『ユーザーが「面白い、楽しいTCG作ってー」という声をあげれば、彼は損得考えずに作ってくれるかもしれない』


と、私はそう感じている。



(´-`).。oO(・・・早く何かしらの発表無いかなー・・・イベントあったら行くのになー・・・もう暫くは静観かなー・・・)
[PR]
by okoyashiki | 2007-09-14 04:01 | 日記
株式会社ブシロード 発進。
c0036668_040385.jpg

【株式会社ブシロード 公式サイトオープン(http://bushiroad.com/)】


ついにあの元ブロッコリー社長、木谷高明氏が動き始める模様。

彼がいなかったら、国産TCGの歴史は何年も遅れていたであろうと言われるお方。


と言っても、彼の会社がTCGを売りにして戦うかどうかはまだ判らない。

ただ、個人的な希望としては、再度停滞し始めたTCG業界に、新しい旋風を巻き起こして頂ければと思う、今日この頃です。


今後、期待しながらチェックして行きたいと考えております。はい。





*進展する様な情報があったので、こちらの記事も追加。
【株式会社 ブシロード 他、リトバストレカに関して 。】
(公開終了)
[PR]
by okoyashiki | 2007-09-07 00:46 | ゲーム



 TCG歴が長い都内在住Takuさんの考察。御隠居状態。【twitter名:Takuとかキラ様とか。】  Gundamwar/アイ・オブ・ジャッジメント/ヴァイスシュヴァルツ等。  *不定期更新。 *無断リンク可。
by okoyashiki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30