<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
悪意のあるコメント。
実は先日の日記には、もう一つコメントがついておりました。

こちらは、『クロ様の様な自分なりの考えを提示している良いコメントに比べて、なんと低俗で悪意のあるコメントだろう!』

と、両極端な印象を受けるコメントでした。

内容は以下の通り。

---

魚拓
ttp://s04.megalodon.jp/2008-08~(省略。実際にはアドレスあり。
現在のログ
ttp://hedimojo.blog51.f~(こちらも省略

コミケ徹夜自慢を指摘されたらコメント削除してスルー
本当にWSは民度低い人間が多いですね
謝罪記事マダー?

---

調べてみたら、他のサイトにも同じ文が貼り付けてあった。

さて、突っ込みどころと考えるところが満載なのは見ればわかると思う。


そもそも民度とは、

・ある国や社会の構成員(市民)の政治的・社会的・文化的意識の程度。
・市民社会の成熟度。

である。

つまり個人を名指しして「本当にWSは民度低い人間が多い」と言うのはどうなのか?

まず≪多い≫って言葉はどこから来ている?これは根拠も何もない誹謗中傷だ。

少なくとも、私が知っているWS仲間は節度を守っている方が多い。


今、ヴァイスシュヴァルツはTCG業界で市民権を得つつある。

ユーザー数は現在進行形で増加していて、既にWSユーザーは全国に四桁(1000人以上)にのぼる。

その証拠に、大会の参加人数も見る見るうちに安定してきている。

更にこの冬にはなのはもフェイトも入る。ユーザーが増えて、どう動くか楽しみなTCGゲームだ。


そんな中、ユーザー一人の行動を示す出すだけで決め付けるこの姿勢に、私は疑問と文章に含まれる悪意に気持悪さを感じた。



また、謝罪を求めているが、これはどこにどう謝罪して欲しいのだろうか?

『お前は悪いことしたんだ!謝れ!』と言うならば、当人のサイトに直接書き込むだけで済む筈だ。

それを色々なところにコピペして回っているという事は、そこに何らかの意思が働いているはず。



多分この文章は「本当にWSは民度低い人間が多い」という事が言いたいのだろう。

つまり書いた人はWSユーザーではない。普通の神経ならば、自分の事を民度が低いとは言わない。


逆に見えてくるのは、WSに対して敵視している人物がネット上にいると言う事だ。

これはWSユーザーに対して仕掛けられたサイバーテロである。私達が楽しく遊ぶ事を壊そうとしている、又は壊したいと考えている奴がいる。


私はそういった人がいるのを許せない。

私の仲間内も含めて、WSを楽しく遊んでいる人達がいる。

私はそれを守りたい。



だからこそ、今日、この様な日記を書くことにとした。



それにしても、本当にこの文章を作った人間、又、この私のサイトにコピペした人間は何を考えているのだろう?

何をしたいのだろう?

面白半分だったのだろうか?それとも個人的な恨み?

もしかしたらただWSが流行っているのが面白くない人物の仕業かもしれない。

無いとは思うが、WSと敵対する同業他社のネット戦略かもしれない。
(*多分これは無い。ばれたら一気にその会社の信用が落ちる。リスクがありすぎる)


真実はわからない。今の情報量では推測のままである。



が、この日記を見ているのなら、何故このコメントをつけたか、この日記にコメントをつけて欲しい。



勿論、コピペや中傷文章ではなく、貴方自身の言葉で。
[PR]
by okoyashiki | 2008-08-30 22:30 | ヴァイスシュヴァルツ
モンコレに関して。
先日の日記に良いコメントがついていたので、記事を返信とさせて頂きます。

内容は、モンスターコレクションについてです。

===

クロ様

はじめまして。
まずはいつも見に来て下さってありがとう御座います。
又、丁寧なコメント、誠にありがとう御座います。
仰っている事は非常に的をついていると私も感じました。

今回の件については、特に昔からのユーザーから見れば、復活した事だけで嬉しい事と思います。
実は私もモンスターコレクションが復帰して嬉しい側のカードゲームユーザーです。

ですが、『それならば何故上の記事であの様な評価になっているのか?』と、納得出来ない部分もあると思いますので、もう少し掘り下げて説明したいと思います。

*

今回のモンコレに関しては、カードゲーム業界に対する問題提議として投げかけたいと考えています。

議題は、TCGを販売するカードゲームメーカーとしての在り方です。


今回のモンコレに関しては、初期の生産個数から考えるに、古来のヘビーユーザーに対してのみ売るつもりだったのでしょう。
しかも発売前には大きな大会の情報も、次のパックの話も出てなかった状態です。

はっきり言ってしまえば、売り逃げるつもりだったのでしょう。
昔からTCG業界では良く使われる手ですね。認めたくないですが。
これが良い慣習でない事TCGユーザーならよく判っている事と思います。

もしクロ様が仰るように、購買層が手探りで少なく生産したと仮定しても、古来のヘビーユーザーが多いという事も見越せないほど、メーカー側のマーケティング能力が低いというのもネックです。
現状メーカー側のマーケティング能力が低いという事は、ユーザーの声も届きにくい、開発に影響しにくいという事ですから、今後の発展も期待出来ないと感じております。


特にその後の動きに関して解析してもそうです。
10周年記念と銘打っておいて、『予想以上に売れたから、じゃあ2弾作って、急いで大会やってー…』なんて、急に販売方針を変えている、動いているのはメーカーとしてどうなのか?信用に値するのか?
逆に考えれば、そのような動きをするならば、人数(売り上げ)が減ったら急に大会も打ち止めて生産も中止になる可能性も高いとも言えます。

そんな予測、推測が立てられるカードゲームを私の記事を読みに来て頂けている方々に、私はお勧めと言えません。




モンスターコレクションはとても良いゲームです。
国産TCGとして、色褪せない名作です。
私も、たまにこのゲームを資料庫から引っ張り出して友人と触った時、『やっぱり面白いなぁ』と思います。



でもメーカーは、正直現状から変わって頂きたい。

率直に言えば、

「メーカー側が率先して人数を増やす方策を行わない、行えない、行う気が無いならば、名作に泥を塗らないで欲しい!カードゲーム業界に不信感を募らせるな!」

と言うのが、私の本音です。声を大にして言いたい。



次の大阪の【初心者講習会】 でも【定員12名】となってますが、ここらへんからも広げる気というか、なかなか感じられません。
「メーカーはただ売るだけ仕事か、買ってくれた人に遊ぶ場所を提供するだけ仕事か」と問いたい。

メーカーが本当に考えるべきなのは、目の前の商品を売ることではなく、タイトルとして存続させる為に、どうすればよいのか。
一番大切なこと、それはどう新規ユーザーを取り込むかという事。
それを立ち上げの時にしっかり考えるべき、しっかり政策を行うべきであるのに、古参ユーザーへのファンサービスばかりで何をやっているのか!と問い詰めたい。

広げるならランブルファイトの会場を狭めたとしても、初心者講習会を40人規模で出来るようにするのが、メーカーとしてタイトルを広げる、タイトルを大事にする姿勢なのではないでしょうか。
そのように、私は考えます。


何にせよ、もう少し運営側の動きを見て、評価したいと思います。
現状ですと、△を付けざる得ません。


冬にまたランク付けする時までには、信用出来る動きを見せて欲しいと期待しています。
私個人も、安心してユーザーとして戻って遊びたいというのが、ささやかな希望です。

長くなりましたが、以上となります。長文で申し訳ない。

===


それにしても、今後モンコレはD0の受け皿として機能するというか、D0からのユーザー移住政策が取られるんですかね…。
元・D0ユーザーとしては、そっちの方が悲しくなるのですが…。
なんか、そんな雰囲気が漂っていて、なんとなく嫌な感じがします。

GWとサンクルの関係とは、また違う意味での移住なのが救えない。

逆に、ユーザーの受け皿となる意味が、しっかり判っているのはバンダイ。

それは、受け皿は≪用意してあげる≫ものであり、≪推奨する≫ものでは無いという事。
ユーザーの為を思う姿勢、誠意を見せることだと、私は思うのですけどね。


取り止めも無くなってしまいましたが、とりあえずここらで一度筆を置きたいと思います。
[PR]
by okoyashiki | 2008-08-30 03:44 | 雑記
最近のカードゲーム評価一覧。2008夏。
≪タイトル別≫
□ガンダムウォー(GW)
【評価:◎ 期待度:→】
・ルール変更は英断。特にクイック。間違いない。
・年に二回のグランプリは正解。モチベーションが下がりにくい為。
・ネタ切れ感がちょっと漂っているのが悲しい。ウイング勢はもう出ないのだろうか。

□ヴァイスシュヴァルツ(WS)
【評価:◎ 期待度:↑ 】
・とにかく発表タイトルが豪華。なのはとフェイトとかどんだけー。
・P4も入ってくるだろうと予想される。今後も話題には困らない。
・今ライトに萌え系カードゲームを始めるならこれしかない。

□デュエルマスターズ(DM)
【評価:◎ 期待度:→】
・強い。次世代ワールドホビーフェアでも圧巻だった。
・ただ、コンテンツとしてどう伸びるかは疑問。遊戯王みたいに上手く展開できるか?

□マジック(MTG)
【評価:○ 期待度:↓ 】
・新しいカードの効果は面白い。いつも面白い。間違いなくカードゲーム界のキング。
・が、毎度世界規模のデザインになるので、微妙に日本人のセンスと違うことも。
・最近はアメリカとEUでの負けっぷりが激しい。どう巻き返すか。それとも落ち着くか。

□サンライズクルセイド
【評価:○ 期待度:↑ 】
・多分ゲーム的にはGWより面白い。
・ただ、まだ定着していないのが難しい。それでもコードギアスで大分引き込んだ感あり。
・ガンダムウォーが落ちてきたら、自動的にサンクルが上がるだろう。落ちるまではGWの二番手。

□サンデーVSマガジンTCG
【評価:○ 期待度:↑ 】
・意外と参入タイトルが熱い。ブシロードの方針が良く判る。今後に期待。
・50周年という話題性がまだ世間に浸透していないのが弱みか。ていうか50周年って実は来年なのね。むしろこのサンマガTCGが一番50周年というのを世間に押し出している。プロモーション活動に積極的なのはとても評価したい。
・ていうか、都内にサンマガTCGのトレーラー走っているんだけど…あれ、凄くね?目立つ目立つ。コミケ会場の周りにもいましたね。都内に何台あるんだろう?

□遊戯王
【評価:○ 期待度:→ 】
・ゲーム的には相変わらず面白い。
・でも原作のアニメ、漫画はやはり強くプッシュしないとダメ。こいつばかりはカードゲームとしての楽しさより原作の楽しさのが大事。そこが盛り返す鍵。

□ポケモン
【評価:○ 期待度:→ 】
・半端無い安定度。ゲーム的な意味で。
・子供に遊ばせるならやはりこれ。

□アイオブジャッジメント(EOJ)
【評価:○ 期待度:↑ 】
・PS3があるなら間違いなくこれ。これの為に本体買える。オンライン対戦が楽しい。set2になってカードゲームっぽくなって良かった。
・レアゲーじゃないのも評価高い。一部の必要なURはテーマ別デッキに入っている。
・set3の発売マダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チン

□リセ
【評価:△ 期待度:↓ 】
・毎月新しいのを出すのは勘弁して下さい。真面目にやると金銭的に辛すぎる。
・間違いなく同系のヴァイスに押されてる感あり。大会の参加人数が引っくり返りつつある。
・ガチで勝負を楽しむトーナメントプレイヤーの視点から言わせて貰うと、ゲームバランスをもう少し意識して欲しい。まぁずっと変わらない訳だが。残念。

□ディメンションゼロ
【評価:△ 期待度:↓ 】
・ゲームは面白い。本気でカードゲームとして楽しむならあり。
・ただ、ユーザーがついて来ていない状態。ライトユーザーは皆無。
・ライト層を今後効率的に取り込めるかどうかが、タイトルが続く鍵だと思われる。でもゲームが深くて面白い分、初心者にとっつきにくいルールでもあるんだよなぁ…基礎的な動きとか教えにくいし。そのバランスが難しい。

□アクエリアンエイジ
【評価:△ 期待度:→ 】
・昔のユーザーが残っているのが強い。コミュニティーもユーザー間で大分発展している。
・こちらも新規層の取り込みが勝負所。
・余談だが、アクエリアンエイジ映画版は、ストーリーが投げっぱなしジャーマンで意外と面白い。

□モンスターコレクション
【評価:△ 期待度:↓ 】
・第一弾は売り切れ。今の市場評価は売れた分だけ高い。
・だが、大会スケジュールも第二弾の予定も噂も話題づくりもない。悪夢再び。
・どう見ても売れるから出そうぜ的な雰囲気の企画物であるイメージがぬぐえない。私達にとっては非常に懐かしいTCGだが、続くかしっかり判らない限りはまだ触らぬが吉。


≪総評≫
この1年間で勢力バランスが大分崩れたイメージがある。
特にこの数年で一気にTCGタイトルが減り、中途半端なものが淘汰され、目立った新規TCGタイトルが無かった中で、此処最近いくつか新しいものが出てきた。
特に急成長したのはヴァイスシュヴァルツ。今後萌え系TCGの一強になる可能性が高い。
新しい試みだったのはアイオブジャッジメント。今後もこの様な新しい感覚のカードゲームが出てくるだろうと期待させてくれた。
とにかくカードゲーム業界は目まぐるしく風向きが変わる。今後も注目していきたいと思う。



とりあえず私が見ているのはこんな感じですー。アウトプットアウトプット。
[PR]
by okoyashiki | 2008-08-18 03:31 | ガンダムウォー



 TCG歴が長い都内在住Takuさんの考察。御隠居状態。【twitter名:Takuとかキラ様とか。】  Gundamwar/アイ・オブ・ジャッジメント/ヴァイスシュヴァルツ等。  *不定期更新。 *無断リンク可。
by okoyashiki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
注目中のTCG関連リンク
検索
以前の記事
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧