サンライズ クルセイド に関して。

キャラホビ2007の時点で、サンライズクルセイドの情報は手にはいっていたのですが、なんとなく書くタイミングを逃がしてしまいました。

これ以上忘れないうちに少し書き出しておきます。


感想としては、『ついに大手も≪互換性≫という領域まで手を伸ばしてきたな』と思う所があります。


≪互換性≫という要素に関しては、アシュラシステムが先駆けなんですけどね。

ただアシュラシステムに関しては、発想が時代を先取りし過ぎていたのと、企画を維持するだけの力が足りなかったと思われます。
(ピンポイントに言えば、営業力・広報力が致命的に足りなかったと推測出来る。
当時のアシュラ運営側の動きを振り返っての話なので、あくまで推測。
間違っていたら申し訳ない>関係者各位)


ただ、サンライズクルセイドにおける、GWとの互換性は おまけ みたいなものとしての扱いである可能性も否定出来ません。

どこまで互換性を売りに出していくのか、注目したい所です。


噛み砕いて言うとすれば、〔スクランブルギャザー×互換性=サンライズクルセイド〕な訳だからね。
互換性が無くなれば、第二期スクランブルギャザーなのであって、この御時勢でメガヒットになるとは思えない。
逆に互換性を上手く歌えれば、今の時代でもメガヒットとなるカードゲームに出来るかもしれない。

この互換性(というよりも、互換性からくる存続性)という要素をいかにアピール出来るかという所に成功の鍵があるのではないかと、私は思っています。




てか、ゲームのACEに登場する機体を全て出すとか、膨大な計画を練っているとするならば、めっさ面白い。

さて、中の人はどう動いているのか・・・大変楽しみなところです。





というか蒼き流星レイズナーが入っている時点で、この商品は買い物リストに入ってしまう('A`)大会に出てる時間が無いのが残念で仕方ない。。。
[PR]
by okoyashiki | 2007-09-18 03:18 | 日記
<< Nice boat. と TH... 株式会社 ブシロード 他、リト... >>



 TCG歴が長い都内在住Takuさんの考察。御隠居状態。【twitter名:Takuとかキラ様とか。】  Gundamwar/アイ・オブ・ジャッジメント/ヴァイスシュヴァルツ等。  *不定期更新。 *無断リンク可。
by okoyashiki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30